2012年6月22日金曜日

絵馬

昔は、神社に生きた馬を奉納していたものが、簡略化して、馬の彫像となり、絵馬となったと言われています。
でも、考えてみると、私は一度も願い事を記して絵馬を奉納したことがありません。
絵馬を手に入れたら、家に飾っていますが、こんなことでもいいのでしょうか。


今戸神社の縁結びの絵馬です。
今戸神社の招き猫もかわいいけれど、絵馬もいい感じです。


招き猫発祥の地と言われている世田谷豪徳寺に、十数年前だったか、絵馬を求めに行きました。
「絵馬はどこにありますか?」
と、社務所にたずねたら、
「当寺には絵馬はありません」
「えっ?あるはずですけど」
「ちょっとお待ちください」

「すみません、ありました」
なんてやりとりがあって、やっとどこからか見つけて来てくれました。
この絵馬は、特徴のある豪徳寺の招き猫には、あまり似ていません。大騒ぎして探してもらったのでなかったら、もしかしたら買わなかったかもしれません。


ちょっと分厚い板を使った、日光東照宮の眠り猫です。



京都伏見稲荷の絵馬は斬新です!
とってもシンプルな形と色なのに、狐にしか見えません。


その昔、長男を出産するときに、夫の母がくれた、水天宮の犬張り子の絵馬です。年月がたって、板は色づきましたが、絵のかわいさはそのままです。

つくられはじめたころは、絵馬はもちろん一つ一つ彩色されていました。でも。今日では、どこのもプリント(と、ときどき焼印)です。
プリントでも水天宮の絵馬はとっても素敵、絵馬の横綱ではないかと思います。

と、ネットで見てみたら、水天宮では、現在は全然違う絵馬しか授与していないみたいでした。数十年経っているのですから、無理もありませんが、ちょっと残念です。

4 件のコメント:

昭ちゃん さんのコメント...

春さんコメントを頂き感謝しております。

 「東照宮のねむり猫」
私が小学校時代紙上で話題になりました。
「あの姿は寝ている姿態ではない」と言う観察です。
まあそう見れば前足の位置と全体の雰囲気が
ちょっと、、、
でもこの話題はすぐ消えました東照宮だからでしょうか。

「ブッポウソウ・仏法僧」についても、、、
ブッポウソウと鳴くように聞こえる「鳥のブッポウソウ」はそのように鳴かず
ブッポウソウと鳴くのはフクロウ類の「コノハズク」だったのです。
当時のNHKが録音してラジオで流しました。

結局「姿のブッポウソウ・ブッポウソウ科」
  「鳴くブッポウソウ」は別種と判明した   わけです。
絵馬からねむり猫・仏法僧と話題が飛びすぎましたね。

さんのコメント...

昭ちゃん
あはは、楽しいお話をありがとうございました。そうなんですか。眠り猫は眠っていないのですか?全然知りませんでした。
東照宮だけでなく、神社のレリーフを見るのが結構好きです。どんな人が彫ったのかなぁ、家庭で仕事の話をしたのかなぁ、いつもノミはぴっかぴかに磨いでいたのだろうなぁ、なんて想像しながら見上げます。

昭ちゃん さんのコメント...

春さん私は戦前戦中戦後をたまたま体験しただけで、春さんと体験時代が違って当然ですよね。
春さんも今の子にポケベルやタマゴッチの説明で納得させるのは難しいでしょう、流行のテンポが早過ぎますね。

さんのコメント...

昭ちゃん
実はポケベルもたまごっちも知らずに過ぎましたから、今の子にも昔の子にも説明もできません(笑)。
電気や水道のないところに暮らしたりするのは得意ですが(笑)、手の中でちょこちょこボタンを押したりするのは苦手です。