2020年4月7日火曜日

食紅ビン


「増井製」とエンボスのあるガラスビン大小です。


底には、山を二つ重ねた下に「上」のエンボスがあります。
ブログ『ジリジリ』によると、「増井製」のビンはボトルディギングするとよく出てきて、何だろうと思っていたらラベルつきのビンに出逢い、食紅と判明したと書いてありました。
その『ジリジリ』の写真でラベルを見ると、製造は「東京日本橋区」となっています。


食紅のビンと言えば、ベニヤのビン(左)があります。
「ベニヤ」と「スカ川」というエンボスが裏表にある空きビンを持っていたところに、あかずきんさんから未使用のビンをいただき、さらに昨年北海道でのらさんに連れて行っていただいた骨董屋さんで未使用のビンをもう一つ手に入れています。
そして右は、「紅清製」とエンボスのある食紅界最大手(らしい)の食紅のビンです。


食紅のビンとはっきりわかっているものとは別に、底に「三共」とエンボスのあるビンを持っています。
三共製薬という製薬会社があるので、薬ビンと思っていましたが、ビンの形からして、これも食紅の会社ではなかったのかと思います。


かつて、どんな家にも食紅を常備していた時代がありました。
季節のお菓子をつくったり、お餅をつくったり、卵を染めたりと、生活になくてはならないものでした。
いまは、どのくらい食紅を置いているお家があるでしょうか?
ちなみに我が家では10年ほど前に買った食紅がありますが、一度、餅花をつくるのに使って、それ以後まったく減っていません。








2020年4月6日月曜日

親子三代で電子ゲーム

昨日、この一週間は家から一歩も出なかったというはなちゃんと、はなちゃんのお父さんが東京から来ました。
はなちゃんのお母さんは渦中の新型コロナウイルス対策に深く関係した職場にいるため、テレワークどころか土日も出勤しなくてはならないほどの忙しさです。

はなちゃんのお父さんは役立つ人です。
来てすぐに、切れない包丁とノミを砥いでくれました。また、懸案だったフラッシュプレイヤー(ソフトウエア)を、コンピュータにインストールしてくれました。ずいぶん前にコンピュータをバージョンアップしたとき、フラッシュプレイヤーをインストールできなくなっていたのです。
あんなにいろいろ試してもできなかったのに、はなちゃんのお父さんはあっというまにインストールしてくれました。これで、私はまた、気分転換をしたいときに、コンピュータでジグソーパズルができるようになりました。
はなちゃんは、1か月皿洗いをして買ってもらったという「どうぶつの森」というゲームに夢中です。
電子版人生ゲームのようなもの(かな?)で、主人公ははなちゃんという名前の女の子で、花を育てたり、ハリネズミの店で服を新調したりしています。
「早く、離島に行きなよ」
と、はなちゃんのお父さんが勧めます。
「嫌だぁ、マイレージがもったいない」
とはなちゃん。離島に行くにも、筏ではなく飛行機で行くのです。

その、はなちゃんのお父さんは、茨城県を開拓する(?)ゲームをやっています。16枚に分割された土地があって、「東京なんとか」という名前なのですが、茨城県バージョンもあるのです。
茨城県バージョンは、最初は田んぼがでてきますが、田んぼが2枚並ぶと霞ケ浦の帆船になり、霞ケ浦が2枚並ぶと六角堂になり、六角堂が2枚並ぶと忠犬タローになるといったように、茨城県の特徴ある景色がどんどん出てきます。
2枚同じものを並んだのをフリックすると1枚になるので、上手に遊んでいると、景色がだんだん変わっていきますが、長くいつまでも遊べます。
でも先を読まずにやっていると、2枚同じ景色が並んだ土地がなくなって、空き地もなくなって、動けなくなったらお終いです。
というわけで、なんてこと、親子三代で同時に別の電子ゲームをやっていました。

屋根の谷に溜まった落ち葉を取り除いてくれるはなちゃんの父

時間の無駄遣いと言えば無駄使い、人生なんてそんなものと言えばそんなもの、ゲームはいい息抜きになることは確かです。

テラスは風が強すぎたので、風を避けててんぷらしました




2020年4月5日日曜日

桜の花びらが

冬は過ぎ去ったらしいのですが、今日はまた温度は上がらないようです。


山桜の花びらが散っている写真。
ん?花びらが一枚も見えません。
昨日は暖かくて、一日中外で過ごすには絶好の日和でした。


コゴミが出たあたりの草をむしっていると、何匹も飛び出してくるカエルたち。


立ってもぞもぞして、お尻から土に潜っていくのかとカメラを近づけたら、潜らないで飛んで逃げました。


タンポポは、カントウタンポポを残してセイヨウタンポポは駆逐したいのだけれど、あとからあとから生えてきます。


トラとたけちゃんは、いつも距離を取っています。






2020年4月4日土曜日

完成間近ではあるけれど.....


先日、着手してから6年目になった、100枚つなぎのひざ掛けのモチーフが、やっと最後の一枚となりました。
この冬はテラスづくりに忙しくてほとんど編めませんでしたが、昨冬頑張ったかいがありました。


1枚1枚編むのは楽しいし、それを10枚つなげるのも悪くないけれど、10枚つないだものと10枚つないだものをつなげていくのは、楽しい作業ではありません。だんだん大きくなってくるので、ちょっと空いた時間に片手間に出来ないのです。

そもそも室内は、昔に比べると段違いに暖かくなりました。この時代に、ひざ掛けが必要かどうかという、根本的な疑問があります。
ただ、着手した2014年の12月には、引き出しに眠っていた着ないスカートを何とかしたいという気持ちと、解いた毛糸を有効利用したいという気持ちが大きかった気がします。
一度は、「Grandma's Blanket」をつくってみたかったし。


最後の一枚は難なくできましたが、これからつないで、そのあと、周りを2段くらい編むのですが、編み方の載っている本を探したら、あれっ、見当たりません。
ここまで来たらどう仕上げてもいいんだけど、せっかくなら本の通りに仕上げたい。
これでは来冬に持ち越すこと、必至です。







2020年4月2日木曜日

久しぶりの晴れ



この一週間、ずっとお天気はぐずついて、晴れませんでした。
そして、今日も不安定だけど晴れるとの予報、朝はそう晴れてなかったので期待していませんでしたが、やっと陽がさしてきました。


気持ちはちょっと、晴れ晴れします。







2020年4月1日水曜日

たけちゃんが来たよ

昨夜、長男と1歳3か月のたけちゃんの二人が福岡空港から茨城空港に到着しました。
新型コロナウイルスの圏外から圏外とはいえ、前から計画していたとはいえ、この時期に一週間も来る、しかもたけちゃんの母は来ない、どうなるかと思っていましたが、なんとかなっています。

たけちゃんのご飯

たけちゃんは、11月だったか、訪ねたとき垣間見たところ、きちんとした食事を三度、しっかりとっていました。
たけちゃんの母が来なくて、それはどうするの、父がつくるの、と思っていたら、
「おれ、食事はつくれないよ」
というわけで、お鉢が私に回ってきています。
「朝7時半、12時、5時の3回だからね」
すべて、薄味でということで、急遽つくることになりました。
「煮野菜もつくってね」


なんとかできたけど、パンは食べたことがないとのこと、バターもつけないで食べるので不評、ご飯を炊かなくては駄目のようでした。

猫のトラとたけちゃんの初対面では、トラはおとなしくしていたのだけれど、珍しくその場で糞を少々漏らしてしまいました。よっぽど緊張していたものと思われます。確かめなかったけれど、きっと肉球に汗もかいていたことでしょう。
たけちゃんも同じ時便をしたのですが、息子によると、これは緊張したのではなくて通常だということでした。
真意のほどはわかりません。









2020年3月31日火曜日

遅くなりました、お地蔵さま

昨年の暮に、ホームセンターで赤い布を見つけて買っておきました。
というのも、2017年夏に新調したお地蔵さまの頭巾と前垂れが、すっかり古びて、その前を通るたびに申し訳なく思っていたのです。


とくにプリント模様は、はっきり言って失敗でした。
寂しい、寂しい。
やっぱりお地蔵さまの衣装は、すぐ褪せてしまうとしても赤でないといけません。


このところ悪天続きで外へ出ず、やっと裁ちました。
ところが、毎度のことながら、どんなサイズでつくったらいいか、すっかり忘れてしまっています。
今回も適当につくりました。


頭巾は前と同じ、お皿を型紙にして丸く裁ったものに8か所タックを取り、バイヤス布をつないで輪にし、紐を通しました。
前垂れは、どうせ裏返して使うことはないのですが、二枚合わせにしました。 色落ちが早いので、1年で裏返したらいいのですが、裏には蜘蛛が巣をつくったりしていて、あまり使う気にはなれず、これまで裏返して使ったことがありません。


洗濯しないのでほつれたりしないし、裏は誰も見ないのだからと思いながらも、端はちゃんと三つ折りにしました。


完成です。


早速行って、つけ替えました。
左端のお地蔵さまだけはサイズがぴったりでしたが、ほかはどうか、中の二人は紐が細すぎます。そじて、左から二番目の十九夜尊には、もう少し大きい前垂れをつくった方がよかったかもしれません。前のと比べると、ひだは少なめです。


右端のお地蔵さまの頭巾は小さすぎました。やっと頭に被せることができましたが、形がうまく取れません。
古いのも小さすぎたのに、二年半も前のこと、すっかり忘れて、また小さいのをつくってしまいました。
型紙をつくっておいた方がよいかもしれません。


外して持ち帰った古い前垂れには、ひだ飾りがついていました。そして、ちくちく手縫いでした。
今度はミシンでしたが、やっぱりミシンは早い。手で縫っていたら、半日では出来上がらなかったことでしょう。


お地蔵さまにはやっぱり赤です。
替えようと思いながら、昨年のお盆には間に合いませんでした。今年のお正月にもお彼岸にも間に合いませんでしたが、やっとできました。
お地蔵さまたち、喜んでくれているでしょうか。








2020年3月30日月曜日

BCGと新型コロナウイルス

本日は、興味深い記事を目にしたので、それをシェアしました。


写真は今朝の加波山。昨日の雪が残っています。





2020年3月29日日曜日

ナンバリング

朝から雨が降り続いています。
東京では雪が降っているらしい、こちらは雨主体で時々、ぼたん雪に変わっています。

昨日もお天気がぐずついていたので、二階を念入りに掃除しました。今日は一階の掃除ですが、寒いので、ちんたらやっています。


さて、デスク周りにばらばらしているレシートなどを片づけていたら、ナンバリングスタンプが転がっていました。
かつて、書類や原稿に番号を打ったり、事務所では受け取った郵便物に日付を入れるために必需品だったナンバリング。
今でも使っている人がいるのでしょうか?


ナンバリングは、簡単に番号を打つ文房具です。
紙の上に置いた状態で、ハンドルを素早く押し下げると、6桁の番号が打てます。


この部分で「1」に設定してハンドルを押すと、「000001」と記されたあとは自動的に数字が送られて、次は「000002」になり、「999999」まで打てます。
そして「2」に設定すると、同じ番号を2回押してから、次の番号に移ります。「3」「4」も同様、それぞれ、3回ずつ、4回ずつ同じ数字を記してから次に移ります。


やってみると、インクが切れているのか、何十年も放置していたのでインクが乾燥してしまったのか、 文字がしっかり打てません。
「ねぇ、ナンバリングを捨てていい?」
と夫に一応了解をとります。
「インクさえ入れれば使えるだろう。取っといても場所も取らないし」
それはそうだけれど、もう何年も出番がないものです。
いったい、いつ誰がインクを買って、いつ誰が使うというのでしょう?


というわけですが、取っておくことにしました。
コレクションというほどのものでないし、文房具の引き出しにも入らないし、2穴パンチ同様、そこら辺に転がして置く以外ありません。


もっとも、2穴パンチは、我が家ではバリバリの現役ですが。





2020年3月28日土曜日

新型コロナウイルスの拡大が続くうっとうしい週末、空には暗雲も立ち込めています。


窓の外に見えるソメイヨシノは、その昔、季節外れだからと売れ残った苗木を植木屋さんからいただいて、ほかの人の土地に勝手に植えたもの、今、満開です。
その向こうの山は、今日は煙って見えません。


やはり、植木屋さんにいただいたスモモは花の盛りを過ぎ、散る前に鮮やかな新芽が出はじめました。
トチノキは、まだまだです。


二階への踊り場から見える山桜は、これで満開でしょうか。
まだ散りはじめてないので、七分咲きくらいかもしれません。
 

雨が降り出しました。





2020年3月27日金曜日

製図用具


引き出しの中に、後生大事にとってあるものがあります。
製図用具、息子のコンパスです。
かつて夫のコンパスもあった、私のものもあった、でもとっくになくして、これは息子が学生時代に使っていたものの一部です。


ところが、尖った針や鉛筆の芯を止めるネジ金具が、すべて失われています。それに、これだけではなかったはず、もっといろいろ種類があったはずです。
そうなのです。製図用具というものは、大切にしていても何かしら失くなってしまう、そして、いつか失くなったものが出てくると取っておいても出てこなくて、使いものにならなくなってしまっても捨て時に迷うものなのです。

ネットショップで、製図セットを見つけました。写真で見る限り、揃っているみたいでした。
とくにカラスグチが懐かしかったので購入しました。


箱の横に金属の棒の先に釘のような頭がついていて、それを引っ張って開ける構造、そうそう、こうやって開けなくてはならないものが、祖母の家にもありました。
私や夫の時代というより、私の父の時代のもの、こんな箱が引き出しの中にあったのは覚えていますが、中に何が入っていたかは思い出せません。


開いて、しげしげと見ると、ビロードでできたくぼみに収まって、コンパスやカラスグチが奇跡のように、全部そろっています。

私はカラスグチを、ポスターカラーを使って、絵(いわゆるグラフィック)を描くのに使いました。夫は製図するのに使いました。
コンピュータで図面が書けるようになる前は、製図はすべて手書きでした。この製図器具をつくるにも、ほかの製図器具を使って図面を起こしただろうし、小さな精密機械から、大きな汽車や飛行機の設計をするのも、すべて製図器具を使って、紙の上に描きました。


コンパスは、左から本体、先のとがったケガキするもの、鉛筆の芯、コンパスの直径を大きくする延長部品、そしてカラスグチです。


カラスグチは、ネジで線の太さを調節し、墨壺やインク壺に入れて墨やインクを隙間に含ませて使うものです。


左は小さな円用の精密なコンパス、真ん中はコンパスに装着するもの、右は直線定規や雲型定規を使って、図面の墨入れをするのに使います。


鉛筆の芯入れのねじの細かいこと、これは手でねじを切ったのかもしれないけれど、鉛筆の芯ホルダーは、図面を描いて、その通りに仕上げたものです。お尻のネジを回すと、鉛筆の芯が出たり入ったりします。


動物の骨(象牙ではないと思う)でできた物差しの目盛りも数字も、手で彫ってあります。
ちなみに、単位はセンチではなくて寸です。
  

この小さなものだけ何だかわかりませんでした。
カラスグチは使用するうちに、ざらざらしたトレシングペーパーで削れて、先が太くなるので、時々研がなくてはなりませんが、砥石ではないようです。


ところで、うっかり見逃すところでしたが、箱の蓋の部分につまみがあるのに、写真を見て気がつきました。
物差しがあったので、十分と思っていましたが、この中に何かあるはずです。


開けると、分度器と布が入っていました。


布は、分度器が動かないように入れたものだと思われますが、広げてみると、まぁ、使い古したぼろ布でした。
こんなぼろ布を大切に使うような人が、当時は高額だったに違いない製図器具を持っていたことに、驚いてしまいました。
おそらく、何にもまして大切な宝物だったに違いありません。


その分度器の目盛りは、手彫りでした。
円の中心に穴が開いているので、丸い線は、自社のコンパスを使って、ケガキの部品で彫ったものに違いありません。


そして、数字は裏から、手で彫っていました。


カラスグチが欲しいと手に入れた、コンパスセット、思いがけず小林理研の職人さんたちの熱い心や、持っていた人の熱い心に触れることができました。