2017年8月17日木曜日

織り機の原型

Mr. T's Country Lifeより

ネットでマリのドゴンの穀物蔵をさがしていたとき、織り機の写真に行き当たりました。
「手織り機」と検索しても、なかなかバラエティに富んでは出てこないのに、ひょっこりと出てきてくれると、嬉しくなってしまいます。

この写真では、織りあがった布が、巻き取り棒に巻き取られてなくて、下にたまっているので、巻き取り方法がどうなっているかわかりません。
西アフリカの織りものは、細い布を長く織ってつなぎ合わせて広い布にします。巻き取った部分が太くなりすぎて、お腹に当たって支障があるので、織れたら外して、こうやって別に巻き取っているのかもしれません。

『日々織々』より

西アフリカで、やはり細い布を織るガーナではどう巻き取るのだろうと探してみましたが、この写真はまだ織りはじめのようでした。巻き取った布はこれから、巻き取り棒の上でどんどん太くなっていくのか、あるいはドゴンのようにわきに置いていくのか、わかりません。

『日々織々』より

これは、上と同じ織り手を、織り機の反対側から見たところです。
綜絖(そうこう)は紐で足踏みペダルとつながっていて、経糸(たていと)の上げ下げを足で操作しているのがわかります。
ところで、最初の写真のドゴンの織り機は、置いてある籠が邪魔で、足踏みペダルがあるのかないのか、ちょっとわかりませんが、たぶんあるのでしょう。

ちなみに、アフリカではほとんどの地域で、織りものは男性の仕事です。
また、こうやって織りあがった手織り布を商うのも男性の仕事ですが、工場製品の布は、女性が商います。


これは、カスピ海の西に位置する、アゼルバイジャンの少数民族の織り機です。
織り進むにしたがって、筬(おさ、あるいは綜絖)を吊るした三脚を前へ前へと動かしていき、織りあがった布を巻き取らなくても、織り進むことができます。広い場所があればこその織り機です。
経糸の両端をどう止めているのかこの写真ではわかりませんが、杭でも打っているものと思います。
ところで、綜絖は織り機の要の一つですが、一体どうなっているのか、ちょっとわかりません。

後ろの写真の日干し煉瓦の建物から、織り手は移動民ではなく定住民と思われますが、夜は吊っている筬(あるいは綜絖)の紐をほどいて、 くるくると丸めて室内に取り込むものでしょう。


カスピ海を挟んで対岸に位置する、トルクメニスタンのおもちゃの織り機です。
かっわいい!なんて素敵なのでしょう。
これを見ると、経糸を前後にどう固定しているかがわかります。
(上の二枚の写真は、ずいぶん前に行き当たったもので、出典がわからなくなってしまいました。無断借用です。ごめんなさい)

『日々織々』より

アジアの地機(じばた)になると、日本もそうですが、腰に紐を巻いて、自分の重さで経糸を引っ張ります。
これは、東南アジアの山地に住むカレン人の織り機です。
一段ごとに綜絖(白く見えるもの)をかわりばんこに手で引っ張り上げて、経糸を一本置きに互い違いに高くしたり低くしたりして、その隙間に刀杼(とうじ)を寝かせて通します。その刀杼を立てると、経糸が十分開くので、そこに緯糸を巻いた杼を通して、織り進みます。この写真は、刀杼を立てているところです。
そして、筬はありませんが、刀杼を寝かせて、筬代わりにして、織った部分を締めます。

こうして見ると、経糸を互い違いに高くしたり低くしたりする綜絖があって、経糸さえピンと張ることができたら、織りものができることがわかります。







2017年8月16日水曜日

石の恵比寿さま


作業棟の屋根に乗せる、石の恵比寿さまです。
ずっと前に、みずやさんの店で出逢いました。


斜めの屋根に乗せるのだから、瓦屋さんに台を設置してもらわないと、乗せられません。
瓦に、切込みが入っているところの上に乗せる予定です。


瓦屋さんに、四月に会ったとき、ちょっと話したら、
「近いうち見に行きます」
と言っていたのに、あれからもう何か月も経ちました。
 

夫はなんとなく、これを屋根に乗せなくてもいいと思っているようです。
「部屋の中に、置いといてもいいしな」
もっと適したものがそのうち見つかると思っているのでしょうか?


それとも、以前一足違いで逃してしまった、阿吽の瓦が忘れられないのでしょうか?
その阿吽なら、「阿」を屋根の上に置き、「吽」をその屋根をくぐった奥に置くというのが面白いと思ったみたいでした。
 

これは、秋田の恵比寿さまだそうです。








2017年8月15日火曜日

未完成送別会

ひたちなかのNさんが転職して、九月から郡山に行ってしまいます。
そこで、忙しいNさんの都合に合わせて、八月十五日は送別会と、前々から決めていました。
ところが先週から、この日は雨の予報が出ていました。前後も雨、気圧の谷ができているとかで、晴れる確率はほとんどありません。
昼食なので、夫がてんぷらを揚げることにしていましたが、テラスが使えません。テラスにテントを張る手もあり、何度かやったことがありますが、テント設営にかなり力が要るし、激しい雨音を聞きながら、テントの下で食べるのが、だんだんワイルド過ぎると感じる年になっています。

室内でも、つくりながら食べるなら、居間のテーブルにもガスを引いてあり、てんぷらはお断りとしても、鉄板もあって、焼きものやお鍋ができるようになっています。
数日前に、
「脂の少なそうなものなら、家の中で、焼いてもいいよ。だったら、早めに材料を揃えないと」
と提案しても、夫は生返事でした。

昨日になって、夫は、
「作業棟の二階で、てんぷらするよ」
と宣言しました。部屋は未完成も未完成、窓ガラスが入っていないのは季節柄いいとして、まだ、床も張っていません。
「仮の床張って、仮のテーブルつくるから、大丈夫、何とかなるよ」

そこで昨日は、二人で突貫工事をしました。
仮の床でいいと言いますが、どうせなら手戻りがないようにと、まず断熱材を貼りました。その上に、畳の下地を張ります。
畳の下の合板は、以前、仮設ビニールハウスの床に使っていたものの再利用です。


突貫工事をはじめる前は、こんな感じでした。

 

床の断熱材は4センチ厚のスタイロフォーム、根太の間に嵌めていきます。


仮テーブルは夫がつくりました。テーブルクロスを掛ければ、十分使えます。


左側に出ているちょっとした台の上にてんぷら鍋を置きます。


さて、一夜明けて今朝になりました。
夫は朝早くから、なにやら作業していましたが、行ってみると、昨日はスタイロが見えていたテーブルの両脇にも、ちゃんと合板が張ってありました。


雨に濡れた緑がきれい、作業棟での初宴会でした。
 

そういえば、母屋でもまだ窓サッシも入ってない頃、しかも冬に、薪ストーブを焚いて、ストーブのオーブンでキッシュなど焼いたりして、友人夫婦と食事をしたことがありました。
いつもいつも、急く気持ちに作業が追いついていないということでしょうか。


部屋の入口に、のれんをさげたのは誰?

追記:


一枚、写真がありました。







2017年8月14日月曜日

お盆前の仕事


お地蔵さまの前垂れや頭巾を縫ったのは、二年半ほど前のことでした。


すっかり色あせたお姿を通りすがりに見るたびに、裏返すとか、新しくつくるかしなくてはと思うのですが、なかなか重い腰が上がりませんでした。

赤い布は、鮮やかな色を保つのはわずかで、あっというまにすっかり色あせてしまうということが、あまり気が乗らないことの理由の一つだったかもしれません。
 

やがて、赤も混じっているプリントでつくったらどうだろうと、思いつきました。
これなら退色が目立たないかもしれません。


前はミシンで縫いましたが、どちらかといえばミシンを出したり仕舞ったりするより、手で縫う方が楽です。そこで、朝のひと時、テレビを見ているときだけ、手を動かして、手縫いにしてみました。


つくりはじめてから、ほかの場所のお地蔵さまの近くを通るときは、ついつい前垂れや頭巾が気になって、見てしまいます。
プリント地でよかったんだろうか?

やっぱり、お地蔵さまには赤が似合います。とくに新しい時は、見ていても気持ちいいものです。というわけで、プリント布だけでなく、残っていた赤い布も使うことにしました。


以前、前垂れは布を二枚合わせにして、裏表使えるようにしましたが、結局裏返しにはしなかったので、一枚でつくります。


前垂れも、紐は赤にしました。


ある日、つくりかけの布一式を入れている籠の中で、トラがくつろいでいました。


そのため、中に入っていた頭巾は「トラ・アイロン」で押されて、くっちゃくちゃにしわがついてしまいました。ほかのものはアイロンがかけられますが、頭巾はちょっと無理です。


トラに前垂れをかけてみました。
モデルになってもらおうと思ったのに、すっかり肝をつぶして、座ることもできません。
 

お盆には間に合わせたいと思っていたのですが、なんとか間に合いました。


やっぱり赤いのもつくってよかった、プリントばかりだったら、きっと寂しかったことでしょう。


たった一年で色褪せてしまうのは赤布の欠点ですが、もしかしたら、忘れずに手をかけてあげて欲しいということなのかもしれません。


古いものは、裏には十分色が残っていました。
ただ、蜘蛛が巣をつくったりして汚れているので、裏返してそのまま使うのははばかれます。だからといって、持ち帰って洗濯していると、お地蔵さまたちが前垂れと頭巾なしで過ごす日が出てくきます。
それもできなかったなぁとも思います。


ともあれ、これで安心してお盆を迎えられます。








2017年8月13日日曜日

かわいいお茶と、かわいいお菓子


数日間滞在したトヌちゃんの、お土産です。
私たちは夏でも熱いお茶派、彼も熱いお茶派。麦茶も冷やしていますが、食事にも、お茶の時間にも、熱いお茶をいただきます。


倉敷に友だちがいて、初めて行ってきたのだとか、それにしても、おしゃれなラベルがついています。
 

うちに来る前に、妹のMちゃんに会ってきたと、Mちゃんからのお土産ももらいました。
中身がわからないネーミングで、箱にはゆるい絵が描いてあるだけ、ライチョウがいるところの近くのものであることだけが確かです。
ライチョウがいるところってどこ?
今、Mちゃんは二年間働いたところを辞して、インドに帰る前に、立山の山小屋でアルバイトをしているのだそうです。


「Mはライチョウを見たのかな?」
「なかなか見られないものだって。でも、そこらのお土産には何でもかんでもライチョウがついてた」


中にはクッキーが。
なかなか美味でした。







2017年8月12日土曜日

そろばん

いまごろ気がつくのも遅いのですが、『乙嫁語り』について、詳しく説明しているブログがありました。
『亜細亜が好き!』というブログで、2015年以降は更新されていないようです。


その中の、「『乙嫁語り』の世界その2」に、筆者がキルギスで見たという、「ロシアそろばん」の写真が載っています。
びっくりしました。


というのは、私の持っている、ハンガリーのロシアそろばんと同じだったからです。

このそろばんは、珠が足りないので、壊れてしまったものだと思っていました。
でも、キルギスのそろばんと比べて見ると、同じ場所の珠が、同じだけ失われています。それでもまだ、最初からこんな形をしているとは信じられません。どこかの地域では、こうやってわざわざ珠を抜いて使ったのかと考えました。


ところが、ウィキペディアで、ロシアそろばんを見て、またまたびっくり、軸の一本には、なんと最初から4個の珠しかついていません。
説明によると、ロシアそろばんには、それぞれの軸に10個の珠があるのですが、1本は4つしかなくて、それで小数点以下の0.25を表すのに使われたとありました。
しかも、ロシアそろばんは、軸が上下ではなく左右になるように置いて使うのだそうです。
日本のそろばんとは90度、向きが違います。

最初は、全ての珠を右端に寄せておき、必要に応じて珠を左側に移動させて使います。
単純で扱いやすい器具なので、ロシアそろばんはソヴィエト連邦時代には、全土の商店や市場で使われていて、1990年代までは、学校でその使い方を教えていたそうです。


手前になる方(写真では左)がちょっと低く、針金の軸は、珠が安定するように弓なりにつくられています。


ロシアそろばんを使用している写真はないかと検索すると、タシケントの街角で買物をしたら、店主がそろばんを出してきたという写真が見つかりました。縦に置いています。
もっとも、この写真では4つしか珠のないあたりの感じはよくつかめません。見ようによっては、手前から3本目の軸の珠が少ないようにも見えます。


『乙嫁語り』に話を戻すと、あらさがしのようで嫌ですが、そろばんは、100個の珠がそろったものが描かれています。


そして、日本や中国同様、軸を縦にして使用しています。
中央アジアに精通している、著者の森薫さんも、そろばんと言えば軸を縦にした形で使うものと考えていたのかもしれません。


ウィキペディアによれば、ヨーロッパでは、計算器具であるそろばん(英名アバカス)は、アジアから紹介された12世紀から、アラビア数字を使った位取り記数法が広く採用される16世紀ころまで、使われてきました。
これは、グレゴール・ライシュが1508年に描いた、「計算机」という木版画です。
アラビア記数法を使う者と、アバカス(そろばん)を使う者が競争しています。
数世紀、アラビア記数法による計算とアバカスによる計算は激しい競争状態にありましたが、アラビア記数法が勝ち、16世紀以後、ヨーロッパではアバカスは廃れました。



さて、これは中国のそろばんです。
中国に行ったとき買って、私も一つ、まったく同じものを持っていましたが、どなたかに差し上げてしまって。手元にはありません。
 

そして、こちらが日本のそろばんです。
中国のそろばんと違って、仕切り線の上には珠が一段しかありません。


祖母の実家は船問屋でしたが、そこで使われていたものです。