2018年1月21日日曜日

めぐり逢い


ひょうたんの形をした保存ビンは、残念なことに、2011年3月の地震で割れてしまいました。
型を使ってはいるけれど吹きガラスで、好きだったビンだっただけに残念でした。


蓋は薄いアルミ、表面は年月を経てざらざらになっています。ちょっとしたへこみはありますが、ほぼ完ぺきな姿です。
未練がましいとは思いましたが、いつかこの蓋が合うようなガラス瓶が見つかるかもしれないという一縷の望みのもと、取ってありました。


骨董市で、水屋さんの店に並んでいるのは、もしかしてあのビン?
もう7年も見ていないので、うろ覚えでしたが、同じものにも見えました。

我が家では、犬たちがいなくなって、餌を入れていたビンや缶は使わなくなり、果実酒もつくらなくなって、大きいガラスビンの需要はなくなっています。むしろ余り気味です。
でも、これを逃したら、ひょうたん形の保存ビンとは、もう二度と出逢うことはないでしょう。しかも持っているのが水屋さん、きっと「私値段」に負けてくれます。というわけで、買ってきました。
そして、古いアルミの蓋を探し出しました。


まず、恐る恐る蓋を比べてみました。
前からある蓋の方がちょっと小さそう、でも、ビンの口が斜めになっているので、はまるかもしれません。



はめてみました。
わぁ、ぴったり!
蓋にとっては、待ちに待ったガラスビンとの出逢いでした。


申し訳ないけれど、このへしゃげた蓋はゴミ箱行きです。でもその前に、一度だけあて金をして、たがねで叩いてみることにはしますが。


ビンの底のエンボスです。


今度は地震が来ても割れないように、たいせつに置いておかなくてはなりません。




2018年1月20日土曜日

ショコラーシカの復活

この何年かバレンタインデー時に発売されてきたショコラーシカが、2017年には発売されませんでした。
まぁ、お顔は同じようで、服の色や模様がちょっと違うだけ、いくつあっても似たり寄ったりなので、つくられなくなったのも無理ないなと思っていました。
ところが今年、ロッテのオンラインショップを覗いてみると、「要望にお応えして」、復活していました。しかも、大中小の缶の組み合わせが、いつもの意匠のと、ちょっと違うのと二種類に増えていました。
どうする?
二セット買うのは贅沢すぎるので、いつものと雰囲気の違う方を、一種類だけ注文してみました。


紙でできた、家の形をした箱が届きました。


蓋を開けると、大中小のショコラーシカ缶が入っています。


このショコラーシカたちはみんな名前がついていて、別々の地域で、地域限定で売っているもの、それを集めてセットにしたのだそうです。


箱はドールハウスのようになっていて、遊べます。
前に倒して、敷物を敷いた床のようになっている蓋は、磁石で閉まります。


背中には、2018と大きく書いてあるのでわかりやすい。これまで、ショコラーシカも不二家のマトリョーシカ缶も、発売年を書いていなかったのが不思議なくらいです。








2018年1月19日金曜日

未開の集落

段ボール箱に入れて、長い間半地下に置いていた本は、コンクリート壁に接触している部分が、ほとんどカビていました。
湿気た本が、上に乗せた本に押しつぶされたり、みんなで斜め倒しになったりして、変形した本も、少なくありません。 


それにしてもこれはひどい、本箱にきっちり詰めて「押し」をかけたくらいでは、曲がったのが伸びそうにありません。第一、本棚にもおとなしく並べられないでしょう。

この本は、『VILLAGE PLANNING IN THE PRIMITIVE WORLD』(DOUGLAS FRASER著、コロンビア大学、1968年)、「計画と町」というシリーズの中の一冊です。


かろうじて大丈夫だった、シリーズのほかの本たちです。
シリーズには、古代の町、中世の町、ルネッサンスの町などあるのですが、中でも一番面白かったのが、このひん曲がってしまった「未開の集落」でした。


アメリカで手に入れたのですが、何せその前にガーナやオートボルタ(今のブルギナファソ)で、いろいろな家や集落を実際に見たので、関心もひとしおだったというわけです。本がダメになって、がっかりでした。
捨てる以外ないけれど、替わりはないかしらとふと思いつき、Amazonで探したら、素晴らしいというかなんというか、あっというまに見つかりました。すごい時代です。
しかもこれが二、三年前だったら、アメリカのAmazonに注文して、高い送料を払わなくてはならなかったのですが、今では、本がアメリカから送られてくるにもかかわらず、日本国内と同じ送料しか、かからないのです。


というわけで、注文していたのが届きました。
これまで持っていたのはソフトカバーでしたが、今度はハードカバーです。なにせちょうど半世紀前の本ですから、ちょっと傷んでいてかび臭い。でも大満足です。
おまけに、日本語訳が出ていたので、それも買ってみました。


ローデシア(今のジンバブエ)

アフリカ、東南アジア、オセアニア、アメリカなどの集落が紹介されていますが、どこの集落も面白い。でも、やっぱりアフリカの家は面白い。最高です。

インドネシア、スマトラ島の集落

スマトラの村はがっちりと、周囲を固めています。
たぶん、男性は同じ村の女性とは結婚できず、命がけで別の部落から花嫁を奪ってこなくてはならなかった、しかも同じ部落の女性を、なんとしても他の部落の男性に奪われるのを阻止しなくてはならなかった、そんな時代の集落なのでしょう。
家の形から、生活が見えてきます。





2018年1月18日木曜日

ヨーロッパを席巻した(?)木の箱


雑に仕上げて、荒く塗装した木の箱です。
これを仕入れた、目利きのKさんは、
「オランダのものだと言われて仕入れたのだけれど、木や塗装の感じから、インドのものではないかと思う」
とおっしゃっています。
蓋を開けるときに触る部分の塗装がもっとも剥げているので、それなりに使い込まれたものなのでしょう。


ストッパーにもなっている蓋を引いて、


ねじると、内側で二段になっている下の部分が現れます。
ペンケース(筆箱)と思われます。


これは、ネットで見つけたベルギーのペンケースですが、雑貨屋をやっていた友人のSさんがこれとうり二つのペンケースを持っていました。
Sさんは、これと同じものをフランスの蚤の市で買ったとか、彼女はフランスのものと信じていましたが、堅木や真鍮板の象嵌(接着?)の細工から、これもインド製にも見えます。

Sさんがこれをフランスのものと信じる理由は、1980年代までフランスの文房具屋には、粗末な感じの木で雑につくられた、これと同じ形をしたペンケースが、どこでも見受けられたからです。
子どもたちが小学校に入学するとき、学校に持って行くために、誰もが買ってもらうのがこの形のペンケースでした。鞄の中で乱暴にゆすられても、まず蓋が開くことがないので、安心だったのでしょう。
ところがSさんが今、文房具屋さんにこの形のペンケースを売っているかと訊くと、
「あぁ、あれ?とっくに消えてしまったよ」
と、笑われるそうです。
 

この写真で見るように、上段に長い鉛筆やペンを入れると、箱をずらすことができません。短いものしか入れないか、下の段に入れたものを取りたいときは、上の段に入れたものをいちいち取り出すか、そう考えると、使うのも結構面倒です。
これとそっくりの、Sさんのペンケースは、下段には鉛筆が入らないくらい薄くできています。
「ほら、昔は羽の軸にインクをつけて字を書いたでしょう。羽を入れたんじゃないかしら」
と、Sさん。羽ペンはいつごろまで使われていたのでしょう?


これもネットで見つけた写真、ハンガリーの骨董市で見つけたペンケースだそうです。
ベルギーで見つけた人も、ハンガリーで見つけた人も、その国のペンケースと思っているようですから、フランスだけでなく、ベルギー、ハンガリー、オランダなどで、この形のペンケースが広く使われていたのかもしれません。


これもネットで見つけた写真、イギリスの小学校で使われていたペンケースで、骨董市で見つけたときにはこのように、中身も入っていたそうです。


写真だけからの判断ですが、底板はかなり薄いのに、どれも合板は使われていないようです。ということは、合板が安価で手軽な材料として使われるようになる以前につくられたものか、あるいは合板が手に入りにくかった地域、例えばアジアの農村地域などででつくられたものかもしれません。
このペンケースが出回っていたのは、いったいいつごろだったのでしょう?


この形の木のペンケースが、ヨーロッパの巷にありふれていた時代があったようです。そして、いつの間にか消えてしまいました。
そう言えば、今は世界では、子どもたちはどんなペンケースを使っているのでしょう?もしかしたら、ペンケースなど必要のない時代になっているのかもしれません。






2018年1月17日水曜日

北海道からニャンコ先生が...


北海道ののらさんから、『のらつうしん』が届きました。
鳥のこと、動物のこと、植物のこと、わくわくする記事満載の手書きのつうしんですが、ニャンコ先生のヘアゴムが同封されていました。
お正月に本屋さんでもらったものだそうです。


開けてみたら、あらかわいい!ゴムの色がニャンコ先生の色じゃないですか。
不定形なので(フィギュアではないので)どうやって飾るか、よく考えてみなくてはなりません。


不定形と言えば、持っているニャンコ先生のメモノートも不定形です。
これは、フィギュアを買ったとき、ついてきたものです。


シール付きです。


ガラスの駄菓子入れの箱にでも飾ればいいのですが、そのガラスケースを置くところがないのが問題です。





2018年1月16日火曜日

写真で知る幕末、明治


先日「絵葉書で楽しむ」を書いたとき、昭ちゃんが 幕末の大工さんの写真を送ってくれました。その大工さんの載っている本は、『写された幕末-石黒敬七コレクション』(石黒敬七著、明石書店、1990年)で、1957年に出版された同名の本の再版です。
この手の本には弱い私は、早速注文して古本を手に入れました。


このところ、半地下室に段ボール箱に入れたまま放って置いた本を整理している明け暮れですが、『写された幕末』が届いて間もなく、段ボール箱の中から『幕末明治のおもしろ写真』(石黒敬章著、平凡社、1998年)が出てきました。石黒敬七の息子の敬章が、父のコレクションを整理したものです。
『写された幕末』は1957年出版の復刻版、『幕末明治のおもしろ写真』は1998年出版ということで、この間、印刷技術は格段の飛躍とカラー印刷の低価格化をとげており、『写された幕末』ではモノクロの写真も、『幕末明治のおもしろ写真』ではカラーで載っていたりします。


この写真もそう、『写された幕末』ではモノクロで、キャプションには東海道戸塚の街道で、大きなケヤキは一里塚とありますが、『幕末明治のおもしろ写真』ではカラーで、名刺判手彩色とあり、リチャードソンが殺された生麦事件の現場と書かれています。

石黒敬七は、柔道家として大正期からフランスにたびたび行っています。そしてパリの蚤の市で日本の写真を見て、夢中で集めるようになりました。
当時の写真は外国人が日本に来て写したものがおもでしたが、日本では幕末期の写真は、まったく顧みられていませんでした。というのも、幕末史が、皇国史観のもとで政治史の追及に追われて、一般の人々の生活には全く関心を寄せないうえ、歴史資料としての写真の価値も認識されていなかったからでした。
戦後、石黒敬七氏の写真集が刊行されて、初めて、古い写真の資料的価値が認識されたのでした。

鋳掛屋

『写された幕末』には、たくさんの貴重な写真が収録されています。
市井の暮らしの写真も多いのですが、中には、刑場で斬られた首がいくつもさらされている写真などもあります。

『幕末明治のおもしろ写真』の中で、石黒敬章は、江戸時代の日本の姿を知るには、写真家フェリックス・ベアトの功績が大きかったことを書いています。ベアトは、横浜に十数年居を構え、大きな写真機を持って日本国中写してまわって、たくさんの写真を残しました。


私が面白いと思ったのは、女性の着物の着方です。
着物の胸での打ち合わせがとても浅くて、長襦袢の襟を大きく見せるように着ていて、今とは全然違うのです。(幼い子は、着物の打ち合わせが反対になっていますが、これはただ写真が逆さまになっているだけだと思われます)


当時は、写真に撮られることを嫌がる人も多かったのか、女性の写真と言えば、芸者、花魁などの写真が多めですが、それでも町娘、お内儀などの写真もいろいろあります。
そしてみんな、浅く打ち合せた着方をしています。


写真から知ることは、たくさんありました。
例えば越後獅子、言葉は知っていましたが、どうして子どもの獅子舞いなら越後かと、考えて見たこともありませんでした。
この本によると、人口調節のため「間引き」が一般的だった時代、越後では宗教上の理由で堕胎や子殺しは許されなかった、そのため、子どもは売られたのですが、そんな子どもを買って芸を仕込んだのが、越後獅子(角兵衛獅子、もともと越後の伝統芸能)だったのだそうです。


それにしても、明治21年にワシントンで撮られたという陸奥宗光の亮子夫人は美しい。新橋の芸者さんだったそうですが。




2018年1月15日月曜日

塩素がないからね

先日、井戸水が突然出なくなりました。
「あれっ、水道管が破裂したかな?」
その日は冷えた夜だったので、夫は焦りました。ちょっと前から、パイプを覆ってた断熱材がはがれた部分があって、直さなくちゃと思っていたのだそうです。
でも、次の朝確かめると、それが原因ではありませんでした。井戸水は約30メートル地下からポンプで汲み上げているのですが、そのポンプが動かなくなっていたのです。
ポンプは、井戸屋さんが設置してくれたものですが、夫がつないでいた水道管を外してみました。
「ひゃぁ、これじゃ無理だ!」


井戸水にはミネラルがいろいろ含まれているので、それが金属と反応して、機械の中がぼろぼろに錆びていたのです。
夫が自分で直せると言って、井戸屋さんに修理を頼まないで、ネットでポンプを買いました。


新しいポンプの同じ部分は、当たり前ですがこんなにきれいです。


井戸は、15年以上前に掘ってもらったのですが、その当時は井戸の周りには何もありませんでした。
ポンプはただ、原っぱにコンクリートブロックを置いて、その上に乗せただけでしたが、今回は、土台をコンクリートできちんと打ち直しました。


直せる人が家にいて、助かりました。


右の方にぶら下がって見えるのはフィルターです。細かい泥などをそこでストップしてくれます。

我が家では、井戸の水が少ないので水道も引いています。井戸水がミネラルのせいで金属をこんなに傷めるとしても、金魚、メダカだけでなく、飲み水としてやっぱり、生活に欠かせません。