2018年9月24日月曜日

カンボジアの籠


庭にタイルを敷いて間にモルタルを詰め、小石を並べたら、それまで石を入れていたカンボジアの小籠がいくつか空きました。
籠や箱に、手たたり次第に石や木の実が入れられ、缶入りや箱入りは、忘れられてもいるのです。


この籠は、誰かにもらったもの、あちこちでいろいろもらったので、誰だったかはっきり覚えていません。
がっちりと編んであり、それに樹液を塗ってあります。持ち主が塗ったものです。
カンボジアの籠にしては珍しい仕上げ方で、四方で絞っていません。


ちなみに、四隅で絞っている籠とはこんな籠、平面的に編んでいたものを絞って丸くします。


籠の外側は5目飛ばしの綾に、内側は4目飛ばしの綾になっています。
編み目は、綾を飛ばすほど食い込んで目が詰まりますが、長ければ引っ掛かりやすく、傷みやすくもなります。それを家庭で樹脂を塗って補強します。


縁の始末は、針金で巻いたあとタコ糸で締めてあります。
もしかして、縁に針金を巻いたのも、タコ糸を巻いたのも、使っていた人でしょうか?
普通、カンボジアの籠の縁は、ラタンでかがってあります。


ラタンのかがり方も、同じだと思っていたましたが、こうして比べてみると、地方差か個人差か、ちょっとずつ違っています。


横から見ても、一本どり、二本どり、斜めと違います。
  

これらの小籠は、その昔、タイにあった難民キャンプで難民から買ったもの(売って資金にしていた)、難民からもらったもの、プノンペンやプレイヴェンの農家でもらったものなどなどです。
カンボジアでは、各村、あるいは二、三の村に一人や二人籠編みのうまい人がいて、農閑期にひごが細い手の込んだ籠をつくっていて、村の人はみんなその籠を使っています。
ところが、町の市場の籠屋では、村でつくられているものに比べると目の粗い、売るためにつくった籠しか売っていなくて、双方には、歴然とした差があります。

そのため、みんなが使っているような籠が欲しいとなると、村の籠師さんに頼んで、つくってもらうか、人が使っているものを欲しがるかしかありません。
ふらっとのぞいた市場の竹籠屋さんで、掘り出しものを見つけるという楽しみは、カンボジアではあまりないような気がします。









2018年9月23日日曜日

タイル並べ、その後。

完成前の写真

軒下のタイルを並べてその隙間にモルタルを塗って石を並べる作業は、ずいぶん飛び飛びになりましたが、やっと完成しました。


この作業で、一番手間がかかったのは、タイルを敷くまででした。
生えてしまった草を抜き、たまったかんな屑やおが屑を取り除き、砕石(さいせき)を動かして平面を平らにして、コンクリートタイルを並べたら、もう半分以上できたも同然でした。
あとは、隙間にモルタルを詰めて石を並べるだけ、それでも、セメントは25キロの袋を2袋分、全部で50キロも練りました。もちろん、三倍の砂を入れて練っています。


東側の、斜路に続いている通路にあたる場所には、予定した大きな御影石がうまく切れなかったので、小さい御影石を置きました。
ここに御影石を置く理由は、重いものを積んだ一輪車(ネコ)などが通るからというもののですが、重いと言っても、私たちが斜路を押して上がれる重さはたかが知れているので、普通のタイルでも十分だったかもしれません。


南西の角です。
タイルの間にコンクリートが線状に打ってあるところの左右は、場の意味が違います。
もともと、かぎ型に曲がった細い部分には、直接雨が落ちるので、雨受けとして玉砂利を敷く予定でした。
しかし、軒下を木工室に変更したことから、かんな屑やおが屑がたまるので、それができなくなり、次善の策としてタイルを敷きましたが、その先の軒下でない部分には、もとからタイルを敷く予定でした。もっとも、夫の予定はタイルを対角線で切って、斜めに敷くというものでしたが。

手前が玉石で、その向こうが斜めのタイルだと、もっと素敵だったと思いますが、その構想は、タイルが思うように切れないことで、見果てぬ夢と消えています。
それでも、なんとか違う場という意味を持たせたい。そこで、屋根より外には、黒い玉石ではなく、浜辺で拾ってきた石を埋めることにしました。
おおかたは茨城の海で拾った石ですが、違う石も使っています。

長く積み重ねておいたためについたタイルの白いしみは、金ブラシできれいにするつもり

この四マスは、黒い石を除いて、デンマークの浜辺で拾った石です。


そしてこの四マスは、左上を除いて石ではなく、陶片、ビーチグラス、そして漁網の錘(おもり)など人工物です。
石が足りなくなったこともあって、やってみましたが、どうだったか、とくにビーチグラスは、透かしてこそ美しいものだから、乾いた時にどう見えるか不明です。
丸いのは、ビンの底です。


陶片は、さして年代も価値もないものですが、私としては碍子もあって、まあまあでした。


錘はほとんどが伊豆の海で拾ったもの、原発事故の後、いったん家から逃げて伊豆の旅館に向かっていた時に拾ったものです。
伊豆にいた一週間はテレビばかり見ていましたが、専門家が、
「メルトダウンなどという言葉を使わないでください。メルトダウンではありません」
と語気を強めていたのを思い出します。
実際メルトダウンだった今も、彼は口を拭って、しらっと生きているに違いありません。これらを見ていると、そんなことを思い出します。


ここはちょっと派手になってしまいました。


端っこは、スペースが広かったこともあって、にぎやかになりました。


これから掃除が簡単なのが嬉しい。


夫からは、「おままごと」していると言われてしまいましたが、言いたい人は何とでも言え、一件落着して、ほっと一息です。






2018年9月22日土曜日

大きな農具たち


人生は小さな決断の積み重ねです。
「どっちの道を取るか?」
そうやってくねくね歩いていくもの、などと大げさにしゃべるほどのものではありませんが、その誤算が目に見える形で残っているのが、これらの農具です。

家を建てるには道具が要ります。万能木工機、テーブルソーなど重くて動かせないものを置いておくには雨除けの屋根が必要でした。
まず、仮設の作業場をつくり、やがて仮設の住居もつくりましたが、先に本建設をしたのは、やはり住むところでした。
ところが、母屋ができて作業棟がやっとできるころには、大工仕事は造作があるので相変わらずやっているものの、米づくりはしなくなっているし、大工仕事と庭仕事に追われて、畑仕事もほとんどやらなくなっていました。
つまり、半分木工、半分農作業と考えていた農業用の納屋スペースが、必要なくなってしまっていたのです。
その結果、納屋を予定していたところが木工場になり、木工場を予定していたところは、ホール=集会室になってしまいました。

で、この道具たちの行き場も、見つけにくくなってしまいました。


草引き。
イギリス製、鍛冶屋さんがつくった古いもので、使い勝手がよいものです。
これ以外にも、草引きは柄の短いもの、長いものなどたくさん持っていますが、畑で使うもの。畑がなければ、庭では使いようがないのです。


これは、飼い葉切りです。
買ったときから、
「あって、どうする?」
と言われていた道具ですが、納屋ができたら、誇らしげに飾るつもりでした。


もう一つは庭の枝切りばさみ、農具とは違いますが、柄が長くていいのですが、これを使う腕力が、もう失われています。というか、もともと重すぎます。


いくら屈強な男が使っていた道具とはいえ、なにも鉄の厚みを13ミリにもすることはないでしょう。これもイギリス製です。


というわけで、納屋ができたらその壁を飾り、実際に役にも立つ予定だった道具たち、役に立たないだけでなく、飾る場所もなかなか見つかりません。






2018年9月21日金曜日

ドカベン

お天気は、しばらくは雨のようです。


昨日の午前中、作業棟の軒下の、タイルの間にモルタルを詰める作業をしていると、嫌でも目の前のビニールハウスが目に入りました。
そうだ、雨が降り続く前に、少しでも中のものを片づけよう!
というわけで、午後から、思い立って整理をはじめました。

最後に一つだけ残ったビニールハウスには、行き場のないものを入れていました。
古いコンピュータやフロッピーディスク、収穫したお米(もうない)を入れた茶箱、衣装ケース、予備の畳などなどでしたが、それもあらかた片づけて、さして大切なものは入っていません。


ビニールハウスのビニールは、2年ほどしか持ちません。
日光にさらされて劣化したビニールは、ある日突然、ちょっとした風でもさらさらと、崩れるように破れてしまいます。
このビニールハウスも、数年前に、屋根の一部が破れ、雨が入って、畳がだめになっているのは知っていましたが、見て見ぬふりしていました。
もう、新しいビニールを買ってかけ替えるほどの気力が残っていなかったからです。かけ替えには、お金もかかりますが、面倒な作業でもあります。


床に水がたまったので、畳は完全に腐っています。ごみ処理場にいつか、運び込まなくてはなりません。
フロッピーディスクやCDは捨てました。
積んである、小さめの段ボール箱、なんだろうと見ると、長男の本を入れた箱でした。

長男が長く住んでいた東京郊外の家を引き払い、都心の狭いアパートに移ったとき、行き場がない家具や、膨大な本やビデオテープなどを引き取りました。母屋ができる前、2006、7年のことでした。
引き取ったものの、当時は母屋もできてなくて置くところがないので、屋外に単管パイプで台をつくり、あれこれ全部積み上げて、ビニールシートをかぶせました。
母屋ができたあと、無事だった本などは移動させましたが、ビニールシートは劣化してしまっていたので、雨や湿気でたくさんのものがだめになっていました。
そのとき、長男の本は一切整理し終わったと思っていたのですが、このビニールハウスの中に、15箱ばかり運んであったのです。


箱が濡れているので、軒下まで運ぶだけでなく、本を箱から出さなくてはなりません。
次々に出してみると、中にはかびている本もありましたが、箱が湿気ている割には、ダメージをあまり受けていない本がほとんどです。


『ドカベン』もありました。いくつか抜けていますが、1巻から48巻までありました。
そういえば、今年ドカベンがフィナーレを迎えたとか、まだ続いていたとは知りませんでした。
息子たちの幼年期から少年期にかけて、漫画は切っても切れない関係にありましたが、その最初に手にした漫画が、テレビアニメから入った『ドカベン』でした。


箱の中に、水島新司さんが描いてくれたドカベンの色紙もありました。
古い友人Kの甥が水島新司さんの息子と小学校の同級生で、そのご縁で描いていただいたものです。
次男への「男岩鬼」の色紙もあったはずですが、長男の荷物だからか、ドカベンの色紙しか見当たりませんでした。
  

しかし、また本が出てきた、どうしたらいいのでしょう?
漫画も単行本も、とりあえずホールの片隅に積み上げて置きましたが、息子が引き取るとも思えないし、見せた後、最終的には私の独断で取捨選択をしなくてはならないかもしれません。







2018年9月20日木曜日

ココナツ石鹼のシャンプー


奥会津での集まりからの帰りに、一年に一度、彦星のように我が家にあらわれるpikuさん、今年も、バリ土産のココナツオイルの石鹸を持ってきてくれました。
あの、ロンボクの地震で、小さい島からはみんな避難させられたころ、pikuさんはバリやロンボクに行っていたのです。
石鹸は、ロゴから昨年いただいた石鹸と同じメーカーのもののようですが、厚みがある分、より使いやすくなっているようです。


ジャスミン石鹸、フランジパニ(プルメリア)石鹸、ピンクのフランジパニ石鹸、そして、ハイビスカスの葉とペパーミントのシャンプーです。


シャンプー石鹸はどうやって使うのでしょう?
と裏を見たら、両掌で泡立てて、濡らした髪にもみ込む、そんなところのようです。
かつて、シャンプーがないころ、髪は石鹸で洗っていました。やがて出てきたシャンプーは、アルミホイルの小袋に入ってドロッとした、透き通った緑色の、香料のきついものでした。
初めて使ったシャンプーは、当時両親が住んでいた浦和の銭湯だったような、袋の中に残った分が気になったような、捨てるのに困ったような、俱利伽羅門々のおじいさんの背中に見惚れていたような気がするので、もしかしたら父と男湯に入っていたのか、そんなことを思い出しました。

いつも石鹼シャンプー(もちろん液体)を使っているし、その泡で身体を洗ったりもするので同じようなものか、使うのが楽しみです。







2018年9月19日水曜日

古い石仏


先日石を買いに行った石屋さんの一角に、古いお地蔵さまなどが積み上げられていました。
ほかにも、お墓の残骸が積み重ねられている山(左側)もあったので、墓じまいしたのか、誰のものとも知れないお墓のある場所を道路拡張で取り壊したりでもしたのか、石仏たちの行き場がなくて、石屋さんが引き取ってきたものと思われます。


このお墓には、宝暦八年(1758年)と刻んでありました。
古い!
フランスではマリー・アントワネットが生まれたころ。アメリカではまだ初代大統領も生まれていない時代です。


お地蔵さまたちも、250年ほど昔のお地蔵さまなのでしょう。石もだいぶ風化しています。
「一つもらっていくか?」
と夫。
いえいえ、思いのこもったものをいただいていくわけにはいきません。重機でつけられた傷も癒えて、どこかに安らかに収まっていただきたいものです。









2018年9月18日火曜日

石畳


我が家に入る坂道を、家の方から見た写真です。
左の方、御影石を一枚外してしまったあとの写真ですが、ここにもう一枚、御影石が敷いてありました。

2002年、コンクリートでつくった坂道の一部をわざわざ残して、そこに3枚の御影石を敷いたのは、横に敷いた2枚の石が、いずれつくる門からの石畳とつながる計画だったからでした。

コンクリートを打ったばかりの坂道

道をつくらないことには車が入れないので家も建てられない、道づくりがまず最初の工事でした。


もちろん、当時は建物は影も形もありませんでしたが、道ができたために、古巣から移植できたコブシや、日陰をつくるために買ってきたケヤキが立ち、次第に人の気配のする領域が広がっていきました。

水平基礎を打ったら、次は垂直基礎

水まわりのコンクリート部分と床下の「断熱板」のコンクリート打ち

上棟を待つコンクリート部分

上棟の日に上ってきたクレーン車

何度も来てくれたコンクリートミキサー車や、建前の時の材木を満載したトラックやクレーン車などが、坂道の上に敷いた御影石の上を踏み、2枚とも真ん中から割れてしまいました。
厚みは10センチ以上あったのですが、車が重すぎたのです。

もう、工事用の大きな車が来ることはないので、割れてない石に差し替えるだけでもいいのですが、夫は、割れた石を取り除いて、ここはコンクリートにしてしまうつもりのようです。


さて、その割れた石を、そのまま駐車場の一部に使いました。
丸柱が立っていて90センチ長さの石が入らないので、45センチの石を買おうと思っていましたが、捨てるより利用することにしたのです。


隙間には、モルタルを敷いておいてから玉石を並べました。


石は収まっていると素敵ですが、廃棄するとなったらちょっと面倒なので、利用できて、めでたしというところです。


さて、石畳を庭から見ると、今、門の外に並べている石とつながります。


門の外から見ると、足尾山の頂上の方向に向かっています。


そしてもっと引いて見ると、2002年に敷いた石と、一直線でつながります。