2017年3月24日金曜日

小さきもの



母からもらった、古木綿のがまぐちについていた、犬張り子犬の飾りものです。
プラスティックですが、なかなか細かい型を使っています。


といっても、前から見ると、「こち亀」の両さんのような顔をしています。

江戸時代に、印籠や煙草入れにつけて、落下防止の役目を持っていた根付文化は、連綿と、今に至るまで続いています。

 
私も、鍵の束、お財布、印鑑入れ、カメラと、なんだかんだ飾りものをぶら下げていますが、この飾りものは大いに普及しているにもかかわらず、的確な名前がないような気がします。

今ではほとんどが工場製品である、プラスティックや金属の飾りものを、「根付」とは呼びません。
携帯電話が普及して、「ストラップ」という言葉が、単なる紐だけでなく、それについている飾りものまでを指すようになったのはいつ頃のことでしょう?早くても1990年代半ば、2000年ごろかもしれません。
では、その前は何と呼んでいたのでしょう?
私が知らないだけかもしれませんが、覚えがありません。


根付は、堅木のツゲやイチイのほか、輸入した象牙や黒檀などを彫ってつくりました。
そんな手彫りの根付から大量生産品のストラップに至るあいだに、こけしのように轆轤(ろくろ)で挽いたものや、練りもの、焼きものなど、手彫りよりはもっと量産ができるものががつくられました。

これらは、いったいなんと呼ばれていたのでしょう?


まぁ、どっちでもいいことですが、犬張り子犬を見ていると、小さな、名もなきものの、来し方が偲ばれてしまいました。







2017年3月22日水曜日

北ルソンの籠

骨董市で、まことさんの店の前に、フィリピンのルソン島北部のものらしい籠が置いてありました。
近づいて見ると値札がついていて、目の飛び出るような値段が書いてありました。まことさんがつけた値札ではなくて、元からついていたもので、しかも展示会に出品されていたのか、売約済みの赤いシールが貼ってありました。

北ルソンの籠が、こんなに高いかな?もしかして、もっと手に入りにくいところの籠かな?
まことさんに訊いてみました。
「あれは、中国の籠なの?」
中国の少数民族のつくる籠の中には、まだまだ私のまったく知らない籠があるかもしれないと思ったのです。
「ううん、中国じゃなかったなあ」
「じゃぁ、やっぱりフィリピンの籠だ」
「そうそう、フィリピンだ。 買ってくれない?」
と、言ってまことさんが提示した値段は、なんと、値札の24分の1でした。

15年位前まで、北ルソンの籠は日本にはほとんど出回っていませんでした。マニラでも1980年ごろは見なかった、マニラで見かけるようになったのは、1990年前後ではなかったかと思います。
だから、まだとても希少だったころ、日本で値札に書いてあった金額で売られていたとしても、不思議ではありません。
でも、まことさんの言う値段では、マニラはもとより、北ルソンの街バギオまで行っても、この籠は買えないに違いありません。

「ちょっと、大きすぎるなぁ」
「どこか、置き場所はあるでしょう」


というわけで、北ルソンの背負子がやってきました。
ループが二つついていますが、そこに綱を通して、肩に乗せたり背負ったりして使います。
北ルソンの少数民族の人たちは手仕事に長けていますから、誰でも自分で使う籠くらいつくれますが、それでも村に一人や二人、とても上手に編む人がいます。 そんな人が編んだのでしょう。美しい籠です。
この形は、カモテの籠と似ていますが、とても細かくつくられています。


底はほぼ正方形に見えますが、経緯(たてよこ)同じ数の材(ラタン)を使っていません。片方は全部二本どりなのに、もう片方は、二本どりと四本どりが交互になっています。なぜそうしたのでしょう?
もしかしたら、四本どりと二本どりが混じっている方が密に並んで、二本どりだけの方がその混じっている材を抑える形になるので、全体が密に締まって、隙間が開きにくいのかもしれません。


胴は、底の四角い角から立ちあがっている部分で、経材(たてざい)を足しながら編んで、じょじょに直径を大きくしています。
かなりの技術が要りそうです。


縁では、きれいな正円になっています。


ラタンの表面は室内の火床の煙でいぶされ、煤がこびりついています。
たわしでごしごしこすって洗いましたが、煤はあまり取れませんでした。

この籠の故郷の北ルソンは、険しい山ばかりで、大きな平野はありません。そんな土地に、人々ははりついて、畑をつくったり、棚田とつくったりして、暮らしています。
段々畑の収穫物も、棚田の収穫物もすべて背負って、細くて長いあぜ道を運び降ろしたり、運び上げたりしなくてはなりません。
アメリカ統治時代に避暑地として開発されたバギオなど、大きい町からほかの町へは幹線道路が通っていますが、その道路まで、細い、坂になったあぜ道を数時間歩かないとたどり着かない場所に、家や集落が点在しています。
傾斜のきついところでは、かるいのように底が小さい背負子の方が、使いやすいのです。
 

背負子の籠に、居場所をつくってみました。


下からかすかに透けて見えるので、気をつけることはできますが、スズメバチが心配です。
スズメバチが入れないように、縁を壁にぴったりくっつけた方がいいかもしれません。







2017年3月21日火曜日

100円箱の中


骨董市で、おもちゃ骨董のさわださんの100円箱に、絵つけをした卵が入っていました。


よく見ると、ひびが入っています。
100円箱の中で、ほかのものと一緒にがちゃがちゃ揺られて割れたに違いありません。
「さわださん、この卵割れてるよ」
「えぇぇ、これは本当の卵だったのか!」
100円箱も、五個以上あって、どれも雑多なものが満載されていたので、いちいちよく見ている時間などなかったのでしょう。
「よかったら、持ってってよ。ただでいいから」
「そう」
と、いただきました。
割れたのをただでもらった方がよかったのか、それとも割れていないのを100円で買った方がよかったのか、どちらがどうと言えない心境ですが、とりあえずアロンアルファーでこれ以上ひび割れないよう、くっつけておきました。


東欧の卵に見えますが、日本人がつくったものかもしれません。
最近では、東欧の卵に倣ったイースターの卵の絵つけ教室が、日本でも開かれているようです。


やはり100円箱の中にあった、トウモロコシの姉さまです。
なんてきれいに仕上がっているのでしょう!
私のつくった姉さまの比ではありません。穴があったら入りたいくらいです。


手柄(赤い布)が正面に来ているのはちょっと変でしょうか?手柄は本来、脇にちょっと、そして後ろにしか見えません。
でも、そのことをわきに置くと、見事な出来あがりです。つくるのが難しい、顔から首にかけても、まったく破たんがありません。


ちょっと色をつけたトウモロコシの皮を撚った紐は、りっぱに簪に見えます。


同じく、細く裂いて撚った帯しめも、素敵です。
 

帯の結び方もきれいです。
トウモロコシの皮が硬くて癖があるものとは思えない、鮮やかな細部です。


私のつくった、下手な姉さまと並べて比べられるとよかったのですが、あれは、あまりにも稚拙だからと、とっくに処分してしまいました。









2017年3月20日月曜日

籠の糸巻き


骨董市でたまに見かける、電気の笠のような形をした籠は、糸巻きです。
糸をぐるぐる巻いて使うのでひしゃげたり、納屋にしまっている間にネズミにかじられたりして、状態のいいものはなかなか見ないのですが、四つともなかなかきれいなものでした。


福島県出身の骨董屋さんは、左写真の大きく開いた縁に細い紐を十文字に渡して、右写真の直径5センチほどの穴にを棒に突っ込んで、糸車に固定し、ぐるぐる回して糸を巻くと教えてくれました。
以前、これを取りつける糸車も商ったことがあって、麻糸をつくるときに使うものだそうです。
「でも、この籠を糸車の細い棒に差したら、穴の周りがすり減るはずなのに、全然傷んでないわね?」
「あれっ、そういえばそうだね。じゃぁ、どうやって留めてたんだろう?」
というわけで、骨董屋さんはうろ覚え、糸車に装着する方法はよくわかりませんでした。


籠で編んだ糸巻きは明治のころまで使われましたが、やがて、写真のような木でつくった糸巻きに移行したそうです。
民具の好きな骨董屋さんのようで、蚕に繭をつくらせる、竹で編んだ平たい四角い籠や丸い籠など、織物にかかわる、ほかの道具も並んでいました。
   

右のは真竹で、左のは鈴竹でつくってありました。
「大きい方が、普通の大きさだけど、息子が見つけてきた小さいのは、珍しいもんだ」
と、うれしそうな骨董屋さん。もの静かな息子さんも一緒に来ていて、親御さんと同じ道を歩くらしい、いまどき珍しい、幸せな親子のようでした。


績んでいない、麻もありましたが、見るからに堅そうなものでした。
先日見た映画、『からむしと麻』では、麻は柔らかくするためのたくさんの工程を踏まなくてはなりません。そして、さまざまな加工をしたとしても、張りは失われません。
こんな麻は裃などにはいいけれど、着物にすると身体に沿わず、夏は涼しいものの、冬はさぞかし寒かったことでしょう。
しかし庶民は、近代まで、麻、からむしなどの繊維しか着ることができませんでした。


さて、ネット時代だからすぐわかると思ったのに、この糸巻きがどう糸車に装着されたか、残念ながら見つけることができませんでした。
鈴竹のものを買って来たけれど、真竹のものも買ってくればよかったと、いつものことですが、ちょっとだけ後悔しました。






2017年3月19日日曜日

模様つきのマグカップ

 

フィンランドのアラビア社のイッタラのマグカップは、飽きがこないことにおいては出色の出来だと思います。
軽いけれど、軽すぎない、洗いやすい、持ちやすい。我が家には白しかありませんが、いろいろな色のものもあります。

それでも不思議なもので、マグカップは一種類だけで満足できず、その日の気分で違ったものを選びたくなります。
朝のコーヒーと、午後のコーヒーでも、別のマグカップを使ってしまうし、紅茶やルイボスティーなど、飲み物の種類によっても、使い分けてしまいます。


白いイッタラに手が伸びない時でも、ムーミンには手が伸びる日があります。
ムーミンのクリスマス・マグカップは、毎年クリスマスに発売されています。夏のもあるようです。
でも、その年によって好きなものと、そうでもないものがあります。それに、夏のものは我が家には、ちょっとカラフルすぎます。
クリスマス・マグカップは、年を越して値が下がってから買おうと思っていたら売り切れて、年明けまで残らないこともあります。
と、あんなこんなでほんの少ししか持っていませんが、持っているものはどれも好きで、楽しんでいます。
 

これもイッタラのクリスマス・マグカップですが、ムーミンではなくて、ジンジャーブレッドマンのモチーフです。
たくさんのジンジャーブレッドの中で、たった一つだけ、齧りかけのものが描かれています。










2017年3月17日金曜日

糸かがりの毬


お雛さまを片づけるとき、糸でかがった毬をしまい忘れていました。
六角形の箱は当時(大正)のもの、上面はガラスでできています。
厚紙の箱には、紙が貼ってあったかどうか忘れてしまいましたが、傷んでいたのでしょう、母がお雛さま模様の包装紙を貼って、なおしています。


母には、オリジナル尊重という考え方はありません。
父が遠洋航海で立ち寄ったフランスで買ってきたフランス人形は、なかなか凝った生地の服を着ていましたが、色褪せたからと、母お手製の、
「ええぇ!」
と、青ざめてしまうような服に着せ替えられていました。
しかも、白に黒いドットがあった服と、ピンクの透かし織りになった服を着た、二体ともです。下着やペチコートも全部新調されていました。
「持っていく?」
私は、とてももらえませんでしたが、妹も飾っていません。
あの人形たちは今、どうしているのでしょう?


さて、飾り毬は、巻いてある絹糸がすっかり弱って、下地が見えています。
下地をよく見たこともありませんでしたが、花火玉のように、小さな紙の半球を合わせてつくってあるようです。


糸は、手で巻いたのかしら?


私が子どもだった頃、雛壇のわきに活けたしだれ柳の枝に、この毬はつるされていました。数ももっとあったような。


母は高齢で、もう手仕事はしていませんが、もしやっていたとしたら、
「あら、糸が弱ってきたね」
と言って、縫い糸や刺繍糸をぐるぐる巻いて、直してしまいそうです。






2017年3月16日木曜日

わぉぉ


昨日、早朝は雨が残って、霧が出ていて、視界が全くききませんでしたが、霧が晴れてみると、山には雪が積もっているのが見えました。
右の加波山と左の足尾山の間のくぼみの一本杉峠が標高430メートルなので、そのあたりから上だけに雪が降ったのです。


夫も、私と同じような、我が家からの写真をFacebookに乗せました。
すると、Kさんがそれを見て、おもしろい現象だと八郷に駆けつけて、ハングライダーの離陸場から撮ったのがこの写真です。

みごとな写真!
手前が加波山、形がいいのが足尾山、足尾山の左にわずかに見えるのが筑波山です。


我が家から見た筑波山はこんな感じでしたが、


Wさんはこんな筑波山の写真を撮られていました。
素敵な八郷の一日でした。