2020年4月7日火曜日

食紅ビン


「増井製」とエンボスのあるガラスビン大小です。


底には、山を二つ重ねた下に「上」のエンボスがあります。
ブログ『ジリジリ』によると、「増井製」のビンはボトルディギングするとよく出てきて、何だろうと思っていたらラベルつきのビンに出逢い、食紅と判明したと書いてありました。
その『ジリジリ』の写真でラベルを見ると、製造は「東京日本橋区」となっています。


食紅のビンと言えば、ベニヤのビン(左)があります。
「ベニヤ」と「スカ川」というエンボスが裏表にある空きビンを持っていたところに、あかずきんさんから未使用のビンをいただき、さらに昨年北海道でのらさんに連れて行っていただいた骨董屋さんで未使用のビンをもう一つ手に入れています。
そして右は、「紅清製」とエンボスのある食紅界最大手(らしい)の食紅のビンです。


食紅のビンとはっきりわかっているものとは別に、底に「三共」とエンボスのあるビンを持っています。
三共製薬という製薬会社があるので、薬ビンと思っていましたが、ビンの形からして、これも食紅の会社ではなかったのかと思います。


かつて、どんな家にも食紅を常備していた時代がありました。
季節のお菓子をつくったり、お餅をつくったり、卵を染めたりと、生活になくてはならないものでした。
いまは、どのくらい食紅を置いているお家があるでしょうか?
ちなみに我が家では10年ほど前に買った食紅がありますが、一度、餅花をつくるのに使って、それ以後まったく減っていません。








2020年4月6日月曜日

親子三代で電子ゲーム

昨日、この一週間は家から一歩も出なかったというはなちゃんと、はなちゃんのお父さんが東京から来ました。
はなちゃんのお母さんは渦中の新型コロナウイルス対策に深く関係した職場にいるため、テレワークどころか土日も出勤しなくてはならないほどの忙しさです。

はなちゃんのお父さんは役立つ人です。
来てすぐに、切れない包丁とノミを砥いでくれました。また、懸案だったフラッシュプレイヤー(ソフトウエア)を、コンピュータにインストールしてくれました。ずいぶん前にコンピュータをバージョンアップしたとき、フラッシュプレイヤーをインストールできなくなっていたのです。
あんなにいろいろ試してもできなかったのに、はなちゃんのお父さんはあっというまにインストールしてくれました。これで、私はまた、気分転換をしたいときに、コンピュータでジグソーパズルができるようになりました。
はなちゃんは、1か月皿洗いをして買ってもらったという「どうぶつの森」というゲームに夢中です。
電子版人生ゲームのようなもの(かな?)で、主人公ははなちゃんという名前の女の子で、花を育てたり、ハリネズミの店で服を新調したりしています。
「早く、離島に行きなよ」
と、はなちゃんのお父さんが勧めます。
「嫌だぁ、マイレージがもったいない」
とはなちゃん。離島に行くにも、筏ではなく飛行機で行くのです。

その、はなちゃんのお父さんは、茨城県を開拓する(?)ゲームをやっています。16枚に分割された土地があって、「東京なんとか」という名前なのですが、茨城県バージョンもあるのです。
茨城県バージョンは、最初は田んぼがでてきますが、田んぼが2枚並ぶと霞ケ浦の帆船になり、霞ケ浦が2枚並ぶと六角堂になり、六角堂が2枚並ぶと忠犬タローになるといったように、茨城県の特徴ある景色がどんどん出てきます。
2枚同じものを並んだのをフリックすると1枚になるので、上手に遊んでいると、景色がだんだん変わっていきますが、長くいつまでも遊べます。
でも先を読まずにやっていると、2枚同じ景色が並んだ土地がなくなって、空き地もなくなって、動けなくなったらお終いです。
というわけで、なんてこと、親子三代で同時に別の電子ゲームをやっていました。

屋根の谷に溜まった落ち葉を取り除いてくれるはなちゃんの父

時間の無駄遣いと言えば無駄使い、人生なんてそんなものと言えばそんなもの、ゲームはいい息抜きになることは確かです。

テラスは風が強すぎたので、風を避けててんぷらしました




2020年4月5日日曜日

桜の花びらが

冬は過ぎ去ったらしいのですが、今日はまた温度は上がらないようです。


山桜の花びらが散っている写真。
ん?花びらが一枚も見えません。
昨日は暖かくて、一日中外で過ごすには絶好の日和でした。


コゴミが出たあたりの草をむしっていると、何匹も飛び出してくるカエルたち。


立ってもぞもぞして、お尻から土に潜っていくのかとカメラを近づけたら、潜らないで飛んで逃げました。


タンポポは、カントウタンポポを残してセイヨウタンポポは駆逐したいのだけれど、あとからあとから生えてきます。


トラとたけちゃんは、いつも距離を取っています。






2020年4月4日土曜日

完成間近ではあるけれど.....


先日、着手してから6年目になった、100枚つなぎのひざ掛けのモチーフが、やっと最後の一枚となりました。
この冬はテラスづくりに忙しくてほとんど編めませんでしたが、昨冬頑張ったかいがありました。


1枚1枚編むのは楽しいし、それを10枚つなげるのも悪くないけれど、10枚つないだものと10枚つないだものをつなげていくのは、楽しい作業ではありません。だんだん大きくなってくるので、ちょっと空いた時間に片手間に出来ないのです。

そもそも室内は、昔に比べると段違いに暖かくなりました。この時代に、ひざ掛けが必要かどうかという、根本的な疑問があります。
ただ、着手した2014年の12月には、引き出しに眠っていた着ないスカートを何とかしたいという気持ちと、解いた毛糸を有効利用したいという気持ちが大きかった気がします。
一度は、「Grandma's Blanket」をつくってみたかったし。


最後の一枚は難なくできましたが、これからつないで、そのあと、周りを2段くらい編むのですが、編み方の載っている本を探したら、あれっ、見当たりません。
ここまで来たらどう仕上げてもいいんだけど、せっかくなら本の通りに仕上げたい。
これでは来冬に持ち越すこと、必至です。







2020年4月2日木曜日

久しぶりの晴れ



この一週間、ずっとお天気はぐずついて、晴れませんでした。
そして、今日も不安定だけど晴れるとの予報、朝はそう晴れてなかったので期待していませんでしたが、やっと陽がさしてきました。


気持ちはちょっと、晴れ晴れします。







2020年4月1日水曜日

たけちゃんが来たよ

昨夜、長男と1歳3か月のたけちゃんの二人が福岡空港から茨城空港に到着しました。
新型コロナウイルスの圏外から圏外とはいえ、前から計画していたとはいえ、この時期に一週間も来る、しかもたけちゃんの母は来ない、どうなるかと思っていましたが、なんとかなっています。

たけちゃんのご飯

たけちゃんは、11月だったか、訪ねたとき垣間見たところ、きちんとした食事を三度、しっかりとっていました。
たけちゃんの母が来なくて、それはどうするの、父がつくるの、と思っていたら、
「おれ、食事はつくれないよ」
というわけで、お鉢が私に回ってきています。
「朝7時半、12時、5時の3回だからね」
すべて、薄味でということで、急遽つくることになりました。
「煮野菜もつくってね」


なんとかできたけど、パンは食べたことがないとのこと、バターもつけないで食べるので不評、ご飯を炊かなくては駄目のようでした。

猫のトラとたけちゃんの初対面では、トラはおとなしくしていたのだけれど、珍しくその場で糞を少々漏らしてしまいました。よっぽど緊張していたものと思われます。確かめなかったけれど、きっと肉球に汗もかいていたことでしょう。
たけちゃんも同じ時便をしたのですが、息子によると、これは緊張したのではなくて通常だということでした。
真意のほどはわかりません。









2020年3月31日火曜日

遅くなりました、お地蔵さま

昨年の暮に、ホームセンターで赤い布を見つけて買っておきました。
というのも、2017年夏に新調したお地蔵さまの頭巾と前垂れが、すっかり古びて、その前を通るたびに申し訳なく思っていたのです。


とくにプリント模様は、はっきり言って失敗でした。
寂しい、寂しい。
やっぱりお地蔵さまの衣装は、すぐ褪せてしまうとしても赤でないといけません。


このところ悪天続きで外へ出ず、やっと裁ちました。
ところが、毎度のことながら、どんなサイズでつくったらいいか、すっかり忘れてしまっています。
今回も適当につくりました。


頭巾は前と同じ、お皿を型紙にして丸く裁ったものに8か所タックを取り、バイヤス布をつないで輪にし、紐を通しました。
前垂れは、どうせ裏返して使うことはないのですが、二枚合わせにしました。 色落ちが早いので、1年で裏返したらいいのですが、裏には蜘蛛が巣をつくったりしていて、あまり使う気にはなれず、これまで裏返して使ったことがありません。


洗濯しないのでほつれたりしないし、裏は誰も見ないのだからと思いながらも、端はちゃんと三つ折りにしました。


完成です。


早速行って、つけ替えました。
左端のお地蔵さまだけはサイズがぴったりでしたが、ほかはどうか、中の二人は紐が細すぎます。そじて、左から二番目の十九夜尊には、もう少し大きい前垂れをつくった方がよかったかもしれません。前のと比べると、ひだは少なめです。


右端のお地蔵さまの頭巾は小さすぎました。やっと頭に被せることができましたが、形がうまく取れません。
古いのも小さすぎたのに、二年半も前のこと、すっかり忘れて、また小さいのをつくってしまいました。
型紙をつくっておいた方がよいかもしれません。


外して持ち帰った古い前垂れには、ひだ飾りがついていました。そして、ちくちく手縫いでした。
今度はミシンでしたが、やっぱりミシンは早い。手で縫っていたら、半日では出来上がらなかったことでしょう。


お地蔵さまにはやっぱり赤です。
替えようと思いながら、昨年のお盆には間に合いませんでした。今年のお正月にもお彼岸にも間に合いませんでしたが、やっとできました。
お地蔵さまたち、喜んでくれているでしょうか。