2013年6月23日日曜日

西アフリカの藍染布


西アフリカの絞り染めです。二つ折りにして、写真を撮っています。
国で言えば、マリ、ブルギナファソのあたりに住んでいる人たちの、腰巻布でしょうか。それとも、夜具でしょうか。

通常、西アフリカでは地機(じばた)で細く織った布を何枚もはぎ合わせて、一枚の布とすることが一般的です。 細いものでは、わずか10センチほどの幅に織って使います。
だから、幅が60センチもあり、二枚だけ剥いであるこの布は、ちょっと不思議です。
と言っても、手紡ぎ、手織り、手染めの布です。


絞り染めは、染め残したい部分を糸で固くくくってから、染料液に浸して染めます。
布をくくるのは、最初のうちは簡単ですが、くくり進むにつれて布がひきつれ、まだくくっていないところに皺が寄っていくので、しっかり下絵を描いておいても、模様が見にくくなってしまいます。そのため、うっかり絞り残したり、絞れなくなったりしがちですが、破たんなく、美しい模様に絞りあがっています。


点と線、直線と曲線などをうまく組み合わせた模様で、色と藍のバランスも申し分ありません。


ところどころ、小さな茶色の点が見えます。


取り残された糸です。
染めあがると、くくっていた糸を切って取り除いてから乾かしますが、その糸が取り切れてなくて、ところどころに残っているのです。


よく見ると、紡いだ糸ではありません。


草でした。
草はゴワゴワと固いのですが、水に浸けてしなやかにして使ったものでしょう。木綿の糸より太く、安上がりで、染料液も通しにくいので、使っているものと思われます。

タイ東北部の人たちは、絣を織るために絹の糸をくくって染めますが、ビニールの梱包紐をほぐして使っていました。西アフリカで草を使うのと同じような理由からでした。

どんな地域にも、地域なりの工夫がみられて、面白いものです。




0 件のコメント: