2014年6月5日木曜日

メイデンのマトリョーシカ


ロシアのメイデン地方には、マトリョーシカの工場があるわけではなく、村に点在する家のそこここでマトリョーシカがつくられているのだそうです。

メイデンのマトリョーシカは、黒い線が太く、目が大きく、はっきりした色の面積が大きく、なんとなくまとまりきれないで雑然としてしまった、という感じがあります。まあ、泥臭いというのでしょうか。
そんな中で、この娘は、
「メイデンにしては品がいいなぁ」
と思うのは、ただの身びいきです。


それにしても、
「こんな汚い線を描いて、売りものにしていいの?」
と言いたくなる、素人っぽい線です。
各戸別々につくっていて、お互いに線の美しさを競う必要がなかったのかもしれません。

1917年のロシア革命以後、多くの地域で教会のイコンの絵を描いていた職人や、木工細工をつくっていた職人たちは国営工場に吸収されました。
これはソヴィエト時代につくられたものですが、メイデンではその当時も、マトリョーシカは国営工場ではなくて各戸でつくられていたのでしょうか?


ソヴィエト時代に、セミョーノフの工場でつくられたものと比べると、線の汚さが目立ちます。


メイデンのマトリョーシカはぐるぐる巻いた髪が特徴の一つですが、一番大きい娘は二つに分けた髪型をしていることもあります。
二番目三番目は、その特徴であるカールした髪ですが、末娘の髪は適当に描かれています。


前から見ると派手ですが、後ろ姿はちょっと可憐でしょうか?


これは、半端もののマトリョーシカをまとめて買った中に入っていたもの、もともとは何人いたのか、大きい娘たちが失われています。
いかにもメイデンらしい、いかつい顔をしていますが、末娘は、定番の赤ん坊のおくるみ姿ではありません。


面白いのは渦巻きのスタンプです。
普通は黒のスタンプを押しますが、左はピンク、右は緑色の渦巻き模様のスタンプが押されています。

追記:

メイデンは旧ゴーリキーから南へ180キロ、マトリョーシカ生産地群からは孤立した辺鄙なところですが、ソヴィエト時代の一時期国営工場がつくられ、マトリョーシカ、バラライカ、イースターエッグなどがつくられていました。
当時のマトリョーシカは、多くが20センチを超える大きなもので、両手をだらりと下げ、髪は一本の三つ編みにして後ろに垂らしていました。
その後工場が閉鎖されると、マトリョーシカは各戸でつくられるようになり、サイズも小さくなりました。

『マトリョーシカノート3』より



2 件のコメント:

karat さんのコメント...

最初の子、何だか日本的というかアジア的美人なお顔ですね…。落ち着きます。
でも4人とも全部脈絡がないというか、好きに自由に描きましたっていう感じですね。
渦巻きスタンプもテキトーだし … (^^)。
楽しいです。

さんのコメント...

karatさん
美人でしょう?(笑)途中まで丁寧に描いているのに途中で急にぞんざいになって、不機嫌この上ない顔になったりすると、「なんだ」と思いますが、このくらいの似てなさって許せます。でも二つだけ残ってたやつ、よくある顔だけど、可愛げないですね(笑)。『マト大図鑑』の写真を見るとメイデンは今でものどかな素晴らしい村で、でもマトリョーシカは垢抜けてなくて、色はど派手で、まあ、洗練される機会がなかったということなのかと(笑)、勝手に想像しています。