2016年11月11日金曜日

藤戸竹喜

北海道ののらさんから届いた『のらつうしん』の中に、「アイヌ文化伝承創造館、オンネチセ・ホール」で、「アイヌアート展」を見たという記事が載っていました。
そして、パンフレットから転写した、藤戸竹喜の木彫り作品の小さな写真が四葉載っていました。
マッチ箱ほどの大きさの写真ですが、すごい、並々ならぬ迫力が伝わってきました。


少し前に、Y.Fさんが、「AINU ART-風のかたりべ」展のカタログ、『AINU ART-風のかたりべ』(北海道立近代美術館、2013年)を貸してくれました。
Y.Fさんは、三年前に故郷の北海道で、「AINU ART-風のかたりべ」展を見たそうです。
そのカタログには、19世紀から20世紀にかけての、すばらしいアイヌ工藝の数々に加えて、現代作家の作品も載っていて、その中に藤戸竹喜の作品もあります。 

狼、2005
 
それを見るまで、私は藤戸竹喜の名前を知りませんでた。


藤戸竹喜は、1934年に北海道の旭川市で生まれ、11歳のとき、父にならって初めて熊を彫りました。そして、その次の年から本格的に木彫りに取り組みました。

その作品は、写実的なのに写実を超えた躍動感に満ち溢れたもの、もう魔法の心と手を持っているとしか、言いようがありません。

鹿を襲う狼、1978

経歴を見ると、1971年、レーニン生誕100年の年にレーニン像を制作してレーニン博物館に収蔵され、 ソビエト連邦に招待されたり、

鹿を襲う熊、1978

1983年、「怒り熊」を制作、世界自然保護基金(WWF)会長のエジンバラ公に献上したり、

マタギシリーズ3、1980

1999年、アメリカのスミソニアン博物館で開催された、「AINU Spirit of Northern People展」に出品したりと、国際的にも大活躍されています。

マタギシリーズ4、1980

「のらつうしん」から
 
今回、のらさんの見たのは、人物像で、「鬼気迫る迫力だった」と記されていました。
 
四季(秋)、2004

いつか、本物を見てみたいものです。

川の恵み、2001




2 件のコメント:

kuskus さんのコメント...

すごい!
自然の厳しさ、命の輝きをこんなふうに形にできるなんて!
こんな言葉でしか言えないのがもどかしいくらいです。
機会があったら私も見てみたいです。

さんのコメント...

kuskusさん
そうなんです。どう言ったらいいかわからなくて、ただ「すごい、すごい」とつぶやくだけです。これらは、そう大きくはなさそうですが、等身大のものもあるようで、見たら迫力に圧倒されるでしょうね。本当に見たいものです。