2018年5月30日水曜日

お鍋の蓋


しばらく前に、鍋の蓋の取っ手の接着していたところが片方取れてしまいました。
まもなく、こんこんギャラリー恒例の「椅子展」があるので、鉄作家のすちさんに出会ったら、直してもらえるかどうか訊いてみようと待っていました。やがて「椅子展」が始まったのでバッグに入れて持って行ったのに、すちさんとは会えずじまい、そうこうしているうちに、もう片方も取れてしまいました。
バラバラです。


直径16センチの、この蓋の使えるお鍋は、多層の底がちょっとはがれてしまったのも入れて三つあり、蓋も一つは健在です。蓋はいつも使うわけではないので、お鍋三つに蓋一つでも事足りると言えば事足ります。
ほんの小さな接着面で30年以上も活躍してきたのは立派ですが、さてどうしよう?
ネットで探すと、かつてこのお鍋を扱っていた店は、すでになくなっていましたが、蓋は別の店でなんとか見つかりました。

私は、お鍋と言えばエバトリオ派でしたが、エバトリオにも、もうステンレス製のお鍋は少なくなり、主流はアルミニウムにセラミックコーティングしたものとかアルミニウムにフッ素加工のものです。そして蓋はガラスをはめ込んだものが増えています。本体は軽く、蓋は中が見える重いものをという考え方でしょうか?
しかも、新しいスタイルのお鍋は、形は同じですが、アルミニウムのせいか、取っ手が外れにくいように、鋲まで打ってあります。
そんな中で、ステンレス製のものが30年以上もモデルチェンジもせずにあることに感謝しながら、蓋を注文しました。


やっぱり蓋が二つあると安心、二つ同時に使うことはないかもしれないけれど、なんだかホッとします。
取れやすいのかもしれませんが、取っ手を軽やかに接着しているところも、私のお気に入りなのです。







2 件のコメント:

hiyoco さんのコメント...

エバトリオは初めて知りました。無駄がなくてかっこいいですね!

康之 さんのコメント...

鍋蓋修理できず、残念でした。
私は、ステンレスの溶接を毎日やっています。
せめて、お知り合いでしたら。