2018年6月2日土曜日

あぁぁな一日

昨日は、健康検診の日でした。
検診を受ける項目は選べるので、胃の検査を受けるかどうか直前まで悩みました。昔より飲みやすくなったとはいえ、バリウムは苦手です。が、結局受けました。


すべて終わって、帰ってきて、1時間ほどたったころ、お手洗いに行きたくなりました。検診後、2粒貰って飲んだ下剤が聞いてきたものと思われました。
ところが、だんだん腸が痛くなり、周期的に、痛みが差し込むように襲ってくるようになりました。
一緒に検診を受けた夫に、
「便秘薬のせいかしらね。お腹が痛くない?」
と訊いても、
「おれはなんともないよ」
と、涼しい顔です。


やがて、頭から血が引いて脳貧血になり、立ってはいられなくなったので、ベッドの倒れこみました。
寝ていてもお腹が周期的に差し込んでキリキリと痛む、お手洗いに行きたくなって立つと頭がくらくらして、そのあと吐き気がして、吐いてしまうの繰り返しになりました。
私は吐き気がしても吐かない体質で、めったに吐くことはないのに、何度も吐いてしまいました。
下剤のせいだとばかり思っていましたが、検診が終わった後コンビニで海苔巻きを買って食べたのを思い出しました。あの海苔巻きのせいで、食中毒を起こしたのでしょうか?となると、救急車を呼んで、病院で病原菌を検査してもらわなくてはなりません。でも、とてもベッドを出る勇気はありません。熱が上がらないのだけ救いでした。


などなど考えているうちに、幾分痛みが引いたらしく眠ってしまいました。起きると、吐き気やめまいはなくなって、お腹もちょっとシクシクしているくらい、これでは起き上がることができます。検診が終わってから約4時間後のことでした。
  

その間夫は、
「おい、大丈夫か?」
と声をかけてくれたり、頼んだ水を持ってきてくれたりしましたが、どちらかと言えば自分の関心事(たぶん、作業棟の扉のこと)に没頭していて上の空、忙しそうに家を出たり入ったりしていました。
私が目覚めたころ、夫が寝室に来て、目が合うと、
「ちょっとホームセンターに行ってきてもいいかな?」
「いいわよ」
と言うと、いそいそと出かけました。


すっかりよくなってから、
「本性見たわよ。私が苦しんでいるのにちょっと冷たいんじゃないの?」
と言うと、
「バリウム飲んで気分悪くなるようなのに、まともにつき合っていられるか」
とのお言葉でした。
原因はどうであれ、日頃吐いたりすることのない私が吐いたりしているのだから、もう少し親身になってもいいのにとも思いましたが、立場が反対でも、そんなものだったかもしれません。


ともあれ、終わり良ければ総て良しでした。







3 件のコメント:

昭ちゃん さんのコメント...

大変でしたね、私は後期高齢者の先端だから
大腸と胃は年2回の検査です。
バリウムはオレンジ味でコップ一杯難なく飲めますが
大腸の下剤は二リットル冬は大変です。
 「1㎝のがん」が大腸にありますが、
手術すると体力の消耗が歳だから、、、
そのままです。
「俺が死ねばお前も死ぬぞ」っと脅かしています。
梅雨の高温で食当たりかなー

かねぽん さんのコメント...

僕の場合、胃潰瘍をやった事があるので、バリウムを飲んで検査すると必ず引っ掛かります。どのみち再検査になるので、はじめから胃カメラで診てもらった方が良いようです。あと、近所の人でバリウムが腸の中で固まって死んでしまった人がいます。そうなると健康診断も命懸けです。たかがバリウムと油断するなかれ、です。

hatto さんのコメント...

おかげんはいかがですか、もうよくなられましたかね。健康診断、私はここ数年受けないのですが、8年前に体調崩して胃カメラを使いました(バリウムはやりませんでした)。バリウムは色々聞くのであまり使いたくないですよね。私は昨年の暮に、自分の意思で目が開ける事が不可能になり(複視状態も)MRI撮ったらまた別の病気がみつかり、左脳が溶けてしまっている事が解りました。いずれも原因不明の病で大変な病状でしたが、我夫もそんなもんです。笑 まぁ、心配し過ぎて心病まれるよりいいと思ってます。家族が元気ならそれに越したことはないなあと思ってます。笑 春さん、日頃から健康に留意しているのに体内にバリウムなんて物体が入って来てきっと体がびっくりしてしまったんでしょうね。ボタンカメラは正確な製品にはまだまだ遠いのでしょかね。もっと楽に検査が受けられるといいですよね。